Train Hokkaido 撮影日記帳


バングラディシュ旅行記1

2/3~9日まで、アジア最貧国バングラディシュに行ってきました。
とりあえずどこまで行っても人だらけでした。

バングラディシュとは日本の約4割しかない面積に
人口約1億4千万人が住んでおり、
日本より人口が多くて日本より人口密度が高い国は
バングラディシュだけと言われています。
詳しいことは外務省のバングラディシュのページをご覧下さい。

日本からバングラディシュへの直行便はありませんので
私はタイ・バンコク経由で行きました。


2/2(月)

10:20 釧路空港発
12:05 羽田空港着
モノレールで浜松町へ向かい、JRで成田空港へ移動
17:15 成田空港発(タイ航空TG677)
22:15 タイ・バンコク・スワンナプーム国際空港着
予約していた空港直近のノボテル泊(¥33,400高い!)


2/3(火)

11:00 タイ・バンコク・スワンナプーム国際空港発(タイ航空TG321)
12:30 バングラディシュ・ダッカ・ジア国際空港着
機内食のフルーツは、とても辛い味付けでした。
フルーツなのに・・・(-_-)

山口絵理子さんの「裸でも生きる」の最初のページを体験してみたくて
歩いて空港から出ました。
ま、昼でしたので怖いことはなかったのですが
歩いて空港駅まで行こうとしたら
いわゆる宿の客引きのおじさんに
英語で話しかけられて付き添われてしまう。
(東南アジアなどにはこういった職業の人がよくいます)

私は明日のチッタゴン行きの列車のチケットを手配したかったので
とりあえずおじさんと一緒に駅へ。
駅は非常に混雑していましたが
おじさんに列車のチケットを買ってもらいました(1等車345タカ)。

その後、日本から予約していたゲストハウスに行こうとすると
なぜかおじさんもついてくる・・・。
私もあんまり英語が得意じゃないのでうまく説明もできないので
とりあえず一緒にリキシャ(人力車)に乗って
ゲストハウス・バングラディシュ トラベル ホームズへ。
ここはオーナーが日本人で、空港から歩いていける距離なので選びました。

チェックインをする時に私が予約済みなのを知ると
おじさんは少し驚いていて
(空港で最初に話しかけられたときに言ったはずなのに・・・)
あとで、ここまで一緒にきたのだからと手数料を請求され
200タカ支払いました。
あとでゲストハウスの人にもったいないと言われましたが、
まぁ鉄道の切符を取ってくれたのでよしとします
(自分一人では絶対に取れなかった)。

この日はこれだけで疲れてしまったので
ゲストハウスの周りをちょっとだけ散歩して
近くの売店でパンを買って部屋で食べて
さっさと寝てしまいました(1泊ドリトミーUS15$)。

ちなみに100タカは大体150円ぐらいです(正確には少し違いますが)。
でも100タカ札は日本で考えるとだいたい1000円札くらいの
価値はあるように思われます。
スポンサーサイト

  1. 2009/02/03(火) 23:09:41|
  2. 道外旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バングラディシュ旅行記2 | ホーム | あぶないあぶない・・・。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ilovehokkaido.blog14.fc2.com/tb.php/134-eb9888de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

えの

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Category

Home

Archives

Search