FC2ブログ

Train Hokkaido 撮影日記帳


バングラディシュ旅行記2

2/4(水)

朝7時頃にゲストハウス発
歩いて駅まで向かう。

0902041.jpg
空港駅近くの歩道橋から。

0902042.jpg
朝の空港駅。
線路が3線式になっているのは
内側の線路を利用して1000mm軌道、外側が1676mm軌道(広軌)で
どちらの車両でも走れるようになっているためです。

0902043.jpg
私が乗る1本前の列車。
この国の人達はバスでも列車でも平気で屋根に乗って移動したりします。

私にはこの列車がチッタゴン行きなのか違うのか
よく分からなかったのでホームにいた人に聞いたら、
身なりのきれいなそのおじさんはなんと
仕事で日本に住んでいたことがあるとのことでした。
今はチッタゴンに住んでいるそのおじさんは
「何かあったらすぐに電話してくれ」と言って
名刺を渡してくれました。

09020431.jpg
みんな平気で線路の上を歩いています。
走っている列車の屋根に立っている人がいますね。

0902044.jpg
やっとチッタゴン行きのインターシティがやってきました。

8:50頃 Biman Bandar(ダッカ空港)駅発

ここからは列車内から撮った写真です。
0902045.jpg
空港駅の北側に小さなスラムがあり、
カメラを向けていたら少年がポーズをとってくれました(^^)

0902046.jpg
とある町。どこの町でもリキシャがいっぱいです。

0902047.jpg
踏切。バイクやリキシャがたくさん並んでいました。
そう、この国の踏切には踏切番の人がいて
おそらく手動で踏切を上げ下げしていると思われます。

0902048.jpg
バングラディシュの多くの土地は田んぼでした。
濃い緑の所が苗で、苗を水を張った広い田んぼに
子供も大人もみんなで手で植えていました。

0902049.jpg
2匹の水牛の背に木を付けて耕します。
ちょうど休憩中のようですね。
この国の農業はその作業のほとんどが手作業です。

09020410.jpg
ホームを歩く女学生。青い制服がきれいですね。

09020411.jpg
これまた踏切。踏切の左で立っている人が多分踏切番ですね。

15:00 チッタゴン駅着

09020412.jpg
列車での長旅が終わりチッタゴン駅を歩く人々。

09020413.jpg
引いてきた機関車。

駅舎に入るとすぐに私は明日の帰りの切符を取りました
(ノンストップ便380タカ)。
そう、なんと!バングラディシュの国鉄では
その駅発の切符しか手に入らないのです。
先の日程の切符も買えるのですが、
その駅発しか買えない、往復切符とかも買えないんです。
これはとても不便でした。

09020414.jpg
チッタゴンの町並み。きたない港町でした。

09020415.jpg
チッタゴンはバングラディシュ第2の都市で、最大の港町です。
この写真の真ん中辺に写っている一番高い建物の
ASIAN SR HOTELにこの晩は泊まりました(700タカ)。

さすがチッタゴンは第2の都市だけあって、
ちゃんとドアが閉まっているお店があった。
そこでハンバーグと肉ピザパンを買ってホテルで食べたのですが
ちょっと辛目の味付けがおいしかったです(57タカ)。
スポンサーサイト



DJIジャパン Mavic 2 Pro MAVC2P

価格:184,277円
(2019/3/28 12:40時点)
感想(1件)


  1. 2009/02/04(水) 23:14:09|
  2. 道外旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

えの

01 | 2009/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Category

Home

Archives

Search